■TEXT


■My first guitar amp・・・

 
が初めて買ったギターアンプはエレクトロ・ハーモニクス社のモノでした。これは私にとって初めてのアメリ
カ製楽器でもありました。

入手したのは1974年ごろで、秋葉原のジャンク屋(確か「ラジオ会館」の中の店)みたいなところで、驚くほど安
い値段で出ていた中古アンプでした。このアンプは出力30Wぐらいなのですが、当時の広告では「その10倍の
音量が出る」というふれこみでした(今でもこの意味がわかりませんが・・・笑)。3ヶ月ぐらい使ったところで、「ガ
ガガ、ピー」などという恐ろしいノイズと「焦げ臭い匂い」で使用をやめました。これはトラウマとなり、それ以降、
「アンプはコワイ楽器」、「中古アンプは買ってはいけないモノ」と思い知ることになりました。
ネットで拾った私の所有していたアンプに非常
に近いスペックのElectro Harmonix”Dirt Road
Amp”の画像。私のアンプのノブはボリューム、
トーン、プレゼンス(?)の3個だったと思います。
外観はこの写真のアンプと全く同じです。

先日、ふとこのアンプのことを思い出して、置いてあるはずの実家へ立ち寄ったのですが、やはりもうなかった
です。引っ越すときに処分したのか、どうしたのか、よく覚えていないのですが、一説ではセレッションのスピー
カーが搭載されていたという話もあり、一度中を開けてみたかったです。

                                                         2002/6/1



<<   TEXT MENU   >>

HOME