■TEXT

 Feb 22,2020

■東横デパートの思ひ出展

 渋谷の東急東横店がこの3月に営業終了するとのことでちょっと行ってきました。

渋谷は通学していたとはいえ東急東横店の記憶はあまりなく、特に深い思い入れはありませんが、「東横デパートの思ひ出展」という企画展での大昔にあったケーブルカー「ひばり号」のレプリカはおっと思いました。このケーブルカーは1950年代前半に東急東横店西館(昔は玉電ビル)と旧東館(すでに解体)の屋上を結ぶアトラクションとして設置されたのだそう。

実はこれが出てくる映画があります。それは松林宗恵監督の最初期の作品「東京のえくぼ」(1952年)。このケーブルカーは2年しか運行していなかったということなので、この映画は当時の東京の風景を切り取った記録としても貴重です。映画は白黒だったので、こんな色だったのかと。

あとは今回復刻したというショッピングバッグ。これは確かに見覚えがあり、とても懐かしい感じです。このデザインの缶のクッキーも3月5日から販売するらしいです。

■■■■■■■■ kishi masayuki on the web


<<   TEXT MENU   >>

HOME